*

山田涼介の彼女・そらとは一体誰!?妹が難病克服した意外な病名とは!?


   

山田涼介さんといえば、Hey!Say!JUMPで活躍する、歌手でありながら、ドラマ・映画などでも活躍されています。
 
 
そんな山田涼介さんの、彼女とうわさされる、そらさんとは一体誰なのか、調査しました。
 
 
また、山田涼介さんの妹さんが、難病克服した意外な病名とは、何なのかを調査しました。
 
 

スポンサーリンク



 
 

プロフィール

 

twitterより引用

 
 
芸名 山田涼介やまだりょうすけさん、本名 同じ
 
 
生年月日 1993年5月9日(現在24歳)
 
 
出身地 東京都
 
 
血液型 B型
 
 
身長 165cm
 
 
趣味 スノードーム作り、釣り、料理
 
 
所属事務所 ジャニーズ

 
 

家族構成

 
両親と、1歳年上のお姉さん1人、山田涼介さん、1歳年下の妹さん1人の5人家族だそうです。
 
 
幼い頃から、髪の毛は茶髪だったそうです。
 
 
小学校時代は、サッカーが大好きで、グループでよく遊んでいたそうです。
 
 
サッカーの実力は、Jリーグの湘南ベルマーレの、ジュニアコースに所属できるほどでした。
 
 
そんな山田涼介さんの夢は当然ながら、Jリーグで活躍する事でした。
 
 

デビューのきっかけは

 
小学生の時に、お母さんとお姉さんが、ジャニーズへ履歴書を送ったのがきっかけだそうです。
 
 
このきっかけ、ホントに多いですね。
 
 
Jリーガーを目指していた、山田涼介さんは、「ダンスとか無理」と断っていたそうですが、「5,000円のワールドカップ限定のピンバッジあげるから」とつられてオーディションへ行ったそうです。
 
 
それで、オーディションの時に、フリーダンスの課題が出されて、よくわからない山田涼介さんは、俊敏に反復横飛びとかしていたそうです。
 
 
それでも、オーディションに合格して、11歳の頃にジャニーズ入りされたそうです。
 
 
小学生の頃は、サッカー少年で、モテたそうですが、中学生になって、ジャニーズへ入り、サッカーをやめてしまうと、モテなくなってしまいました。
 
 
そこでモテたいと思った山田涼介さんは、料理が得意になれば、モテるのではないかと思い、お母さんに教わりながら、料理を覚えていったそうです。
 
 
そして、高校生になってから、次第に周囲と打ち解け合い、モテるようになったそうです。
 
 
高校の同級生には、神木隆之介さんや志田未来さんがいるそうです。
 
 
話が少しそれましたので、戻しますが、ジャニーズ入りしてからの壁は結構きつかったそうです。
 
 
一緒に後ろで踊っていた仲間たちが、次々と前に出て、マイクを持ち始める中、山田涼介さんは、中々前に進めませんでした。
 
 
しまいには、「もう来なくていいよ」と言われる始末だったそうです。
 
 
しかし、サッカーで培った負けず嫌いの根性で、次の日からは死ぬ思いで、必死になって練習したそうです。
 
 
しかし、練習を続けても、結果が中々出せず、次第に心が折れて、事務所を辞める事を、考え始めました。
 
 
そんな時に、救いの声をかけたのが、中島裕翔さんだったそうです。
 
 

スポンサーリンク



 
 

実は進級が危なかった高校時代

 
山田涼介さんが、堀越高等学校時代に、3年生になるはずが、あまりにも成績が悪かったため、「仮進クラス」に所属した時期がありました。
 
 
周りの同じ仕事をしている同級生は、ちゃんと進級していたので、ちょっとサボりすぎたみたいですね。
 
 
しかし、最終的には進級できたそうなので、なんとか頑張れたようです。
 
 

山田涼介さんの彼女とうわさされる、そらとは一体誰!?

 
山田涼介さんの彼女を検索すると、「そら」さんがでてきます。
 
 
一体誰なのか、調査したところ、熱心なファンの方が、自作自演でうわさを流していたようです。
 
 
そういう事でしたので、彼女の「そら」さんは、実在していませんでした。
 
 

妹が難病克服した意外な病名とは!?

 
山田涼介さんの、妹さんが難病にかかっていて、闘病生活を送り、ついに克服した、との情報があります。
 
 
その意外な病名とは何なのか、調査しました。
 
 
山田涼介さんの、妹さんが闘病生活をしていたのは、幼稚園から高校生までの間らしいです。
 
 
山田涼介さんの、妹さんがかかっていた病気は、日本でも10名いるかどうか、と言うほどの珍しい病気らしく、情報が非常に少ないです。
 
 
でも、調べていくと10人に1人の病気だったという情報もあり、もう何が何だかって感じです。(多分この情報が、ガセだと思います)
 
 
そんな中、少なかった方向で調べた結果ですが、可能性がありそうで、難病指定されていて、人数が公開されている中では、「亜急性硬化性全脳炎」、「拘束型心筋症」あたりでしょうか。
 
 
難病指定されていないと、かなり特定が難しくなります。
 
 
調べてみると、治療法が確立していない病気って、世間一般に知られていないだけで、たくさんの病気がありました。
 
 
でもそんな中で、闘病生活にピリオドを打てた妹さんは、素晴らしいと思います。
 
 
まだまだ若くて、これから色々な事があると思います。
 
 
幸いなことに、兄弟仲が良いようなので、これからも、仲良く元気に、活躍して欲しいと思います。
 
 
同じHay!Say!JUMPで活躍中の有岡大貴さんの記事はこちらからどうぞ。
 
 

スポンサーリンク



関連記事

こちらも読まれています

  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • はてなブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*