*

桐谷美玲と大野智の熱愛発覚!?高校で映画出演後大学で見せた意外な根性とは!?


   

桐谷美玲さんと言えば、ドラマ・映画・舞台・CMなど多方面で活躍されています。
 
 
そんな桐谷美玲さんと、大野智さんの熱愛が、発覚したらしいので調査しました。
 
 
また、高校で映画出演後に、大学で見せた意外な根性とは、どういうものなのか、こちらも調査します。
 
 

スポンサーリンク



 
 

プロフィール

 

youtubeより引用

 
 
芸名 桐谷美玲きりたにみれいさん、本名 非公開
 
 
生年月日 1989年12月16日(現在27歳)
 
 
出身地 千葉県
 
 
血液型 A型
 
 
身長 163cm
 
 
趣味 音楽鑑賞
 
 
所属事務所 スウィートパワー

 
 

家族構成

 
家族は両親と、桐谷美玲さんと、弟さんの4人家族だそうです。
 
 
桐谷美玲さんは、「千葉東高校出身」という、千葉でも有数の進学校で、エリートが集まるので有名な高校のようです。
 
 
桐谷美玲さんの弟さんも同じ高校出身のようで、兄弟そろって頭が良いみたいです。
 
 
桐谷美玲さんは在学中の部活では、ラグビー部のマネージャーをしていたそうです。
 
 
桐谷美玲さんの弟さんは、サッカーで汗を流していたようです。
 
 

デビューのきっかけ

 
2005年の高校1年生の時に、「千葉のナンバー1の美少女」としてスカウトされ、2006年2月公開の映画「春の居場所」で、デビューされました。
 
 
2006年に、ドラマ「ショートフィルム道 怪談新耳袋 第5シリーズ」で初主演されました。
 
 
また、同年にCM初出演もされました。
 
 
2008年に、映画「同級生」でヒロイン役を演じられました。
 
 
その後は、雑誌「seventeen」や「non-no」・映画・ドラマ・舞台・CMなど、幅広く活躍を続けています。
 
 

桐谷美玲さんは細い

 
そんな大活躍の桐谷美玲さんですが、身長が163cmあるにもかかわらず、体重がなんと39kgだそうです。(ちなみに、小学6年生女子の平均体重が、39kgのようです)
 
 
BMIが14.6になりますので、超・痩せすぎなのではないでしょうか。
 
 
実は拒食症なのでは、と思い調べてみましたが、「痩せの大食い」という言葉がしっくり来る位に、食べるそうです。
 
 
おそらくですが、代謝がもの凄く良いのではないでしょうか。
 
 
桐谷美玲さんは、ジムにも通っているらしいです。
 
 
やはり、努力された結果、あの容姿を維持されているようです。
 
 

スポンサーリンク



 
 

桐谷美玲さんと大野智さんの熱愛が発覚

 
2014年ドラマ「死神くん」と「ひみつの嵐ちゃん」で桐谷美玲さんと共演したのがきっかけで、大野智さんとの熱愛が発覚とのうわさがあります。
 
 
でも、調べてみるとうわさだけのような感じです。
 
 
さらに、大野智さんの方には、10歳年下の元女優さんとの熱愛・同棲情報などがありました。
 
 
お相手の元女優の方は、女優業で食べていけなくなり、バーでバイトしていたところ、たまたま来店した大野智さんと仲良くなり、付き合い始めたそうです。
 
 
そういう事なので、桐谷美玲さんと大野智さんの熱愛のうわさは、ガセ情報でした。
 
 
しかし調査していると、別の男性とのうわさが浮上しました。
 
 
映画「新しい靴をかわなくっちゃ」で共演された、綾野剛さんです。
 
 
映画の中では、二人のキスシーンもあり、演技が本気に変わったのかと思い、調査してみましたが、情報が信憑性に欠けており、このうわさもガセ情報のようでした。
 
 

高校で映画出演後、大学で見せた意外な根性とは

 
桐谷美玲さんは勉学を続けながら、芸能活動をされていました。
 
 
桐谷美玲さんがデビューされた時は、まだ高校生でした。
 
 
高校で映画出演後に、大学で見せた意外な根性とは、フェリス女学院大学文学部コミュニケーション学科に入学されてから、芸能活動と両立して、なんと7年かけて卒業されました。
 
 
芸能活動が忙しくなると、休学⇒退学のパターンが多い中、7年もかけて卒業した実績は、凄いと思います。
 
 
痩せすぎな点は気になるところですが、桐谷美玲さん自身が「食べない事はストレスです」と言われています。
 
 
ストレスをため込むよりは、良いと思いますが、やっぱり痩せすぎなのは気になります。
 
 
ほどほどに、と言うのは難しいですが、健康であり続けて欲しいと願っています。
 
 
それでも、大学を7年かけて卒業する根性がありますので、大丈夫とは思います。
 
 
これからも元気に活躍される事を期待しています。
 
 
映画「ヒロイン失格」で共演された、
 
 
山﨑賢人さんの記事はこちらからどうぞ。
 
 
坂口健太郎さんの記事はこちらからどうぞ。
 
 

スポンサーリンク



関連記事

こちらも読まれています

  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • はてなブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*