*

神田うのの弟が大学院で芸人になった意外な理由とは!?旦那が韓国人だった噂の真実とは!?


   

神田うのさんといえば、モデルに始まり、ドラマ・映画・CMなどで活躍されました。
 
 
神田うのさんの弟さんが、大学院で芸人になった、意外な理由とは何なのか、調査しました。
 
 
また、神田うのさんの、旦那が韓国人だったという、噂の真実とは何なのか、調査しました。
 
 

スポンサーリンク



 
 

プロフィール

 
kandauno

prcm.jpより引用

 
 
芸名 神田うのかんだうのさん、本名 西村うのにしむらうのさん
 
 
生年月日 1975年3月28日(現在42歳)
 
 
出身地 神奈川県
 
 
血液型 O型
 
 
身長 170cm
 
 
趣味 バレエ鑑賞、結婚式
 
 
所属事務所 スペースクラフト

 
 

家族構成

 
両親と神田うのさん、弟さん2人の5人家族です。
 
 
お父さんは、東京大学を卒業後、東京大学院に進み、旧通産省の技官を、務められていたそうです。
 
 
お母さんは、大分大学教育学部を、卒業されたそうです。
 
 
神田うのさんの、弟さんの神田信一郎さんは、浜谷健司さんと、漫才コンビ「ハマカーン」で活躍されているそうです。
 
 
もう一人の弟さんは、現在サラリーマンだそうです。
 
 
お父さんの仕事の都合で、1歳から3歳まで、インドネシアジャカルタに、移住していたそうです。
 
 
神田うのさんは、幼少期よりバレエを、習っていたそうで、海外へのバレエ留学も、経験されたそうです。
 
 
白鵬女子高等学校時代には、バレエコンクールに入賞し、パリのバレエ学校への入学許可を、得るまでになりました。
 
 
しかし、全寮制の学校だったのが、いやだったそうで、パリのバレエ学校入学は、断念したそうです。
 
 

デビューのきっかけ

 
神田うのさんは街を歩くと、よく芸能事務所の方から、スカウトされたそうです。
 
 
しかし、神田うのさんは、芸能には興味がなかったそうで、全て断っていたそうです。
 
 
しかし、ファッションには、興味があった、神田うのさんは、モデル事務所から、スカウトされました。
 
 
そして、14歳の時にモデルとして、活動を始めました。
 
 
その後は、広告などのモデルや、雑誌のモデルを務め、19歳頃より、テレビへの出演も、されるようになりました。
 
 

スポンサーリンク



 
 

神田うのさんの弟が、大学院で芸人になった、意外な理由とは!?

 
神田うのさんの弟さんである、神田伸一郎さんは、大学院に進みながらも、中退されて、お笑い芸人への道を、選ばれました。
 
 
お笑いへの道を始めたのは、「爆笑オンエアバトル」を見ていて、面白そうと思ったのが、きっかけになったそうです。
 
 
2000年に、神田信一郎さん(主にツッコミ)と、浜谷健司さん(主にボケ)で、コンビを組まれました。
 
 
意外と軽いノリで始められて、相方の浜谷健司さんに至っては、最初お笑いには、興味が無かったそうです。
 
 
そんな理由もあってか、なかなかメジャーに、なれなかったそうです。
 
 
しかし、「爆笑オンエアバトル」においては、安定した成績を、記録し続けられていました。
 
 
頭脳明晰でネタやセリフを覚えるのは、得意だったそうで、浜谷健司さんと共に、努力されていたそうです。
 
 
当初は、神田うのさんの、弟である事は、伏せて活動されていました。
 
 
お姉さんの名前を出して、売れるよりも、自分たちの実力で這い上がるという、強い信念を持って、仕事をされていました。
 
 
継続して出場していた事もあって、徐々に実力を上げて、オンエアされるようになりました。
 
 
2006年には、「爆笑オンエアバトル」チャンピオン大会において、第2位を記録されました。
 
 
しかし、残念な事にチャンピオンを、取る事無く、2010年には、番組自体が、終了してしまいました。
 
 
その後の2011年には、「THE MANZAI 2011」において、認定漫才師に選ばれました。
 
 
そして、翌年の2012年の、「THE MANZAI 2012」において、初優勝されました。
 
 
それからは、コンスタントに仕事が、入るようになったそうです。
 
 

神田うのさんの旦那さんが、韓国人だった噂の真実とは!?

 
神田うのさんの旦那さんが、韓国人だった噂がありますが、本当なんでしょうか。
 
 
神田うのさんの、旦那さんは、実業家の西村拓郎さんで、日拓グループの社長を、務められています。
 
 
日拓グループは、会長・副会長・社長・副社長すべてが、西村一族の経営に、なっていました。
 
 
そして、西村拓郎さんのお父さんは、過去に国家地方警察・不動産業界を経て、1965年に「日拓観光」を創業されました。
 
 
その「日拓観光」から発展していき、「日拓グループ」を築かれました。
 
 
国家地方警察出身という事なので、韓国人だという噂の真実とは、韓国人ではなく日本人だったという事になります。
 
 
パチンコ店を経営する、大手マルハンの創業者の方が、在日韓国人の方だったので、そのあたりから噂に、なったのではないかと、思われます。
 
 

神田うのさん、タレントプロデューサー活動

 
神田うのさんは、1999年から「コスタ・モーダ・ウノ」に始まり、数々のウノ(UNO)ブランドを、世に送り出しています。
 
 
結婚式が趣味というのも、神田うのさん自身が、デザインされた、ウェディングドレスの、プロモーションの場でも、あるそうです。
 
 
その他、ジュエリー・バッグ・ストッキング・サングラスなど、幅広く手掛けられています。
 
 
私生活面では、ベビーシッター窃盗事件の決着が付き、ほっとしているそうです。
 
 
色々大変だったと思いますが、これからも、明るく楽しい活動を、続けていって下さい。
 
 

スポンサーリンク



関連記事

こちらも読まれています

  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • はてなブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*