*

松岡修造の結婚する人への驚きの名言とは!?CM起用本数が多い人気の秘密とは!?


   

松岡修造さんといえば、元男子プロテニス選手で、現在は指導者やテニス大会の運営、日本テニス協会の理事も務めるなど、スポーツキャスターとしても、活躍されています。
 
 
そんな松岡修造さんの、結婚する人への驚きの名言とはどんなものなのか、調査しました。
 
 
また、松岡修造さんの、CM起用本数が多い人気の秘密についても、調査しました。
 
 

スポンサーリンク



 
 

プロフィール

 
matsuokasyuuzou

twitterより引用

 
 
芸名 松岡修造まつおかしゅうぞうさん、本名 同じ
 
 
生年月日 1967年11月6日(現在49歳)
 
 
出身地 東京都
 
 
血液型 AB型
 
 
身長 188cm
 
 
趣味 歌を歌う事

 
 

家族構成

 
両親と、3歳年上のお姉さん、1歳年上のお兄さん、松岡修造さんの5人家族で、育ちました。
 
 
お父さんは、元テニス選手として、活躍されていましたが、大学卒業を機に引退され、家業を継いでいます。(第11代東宝社長)
 
 
お母さんは、元宝塚歌劇団星組男役で、活躍されていたそうです。
 
 
松岡修造さんが、8歳の頃に、お姉さんがテニスをしているのを見て、お兄さんとともに、テニスを始めたそうです。
 
 
テニスをする時には、いつもお兄さんと比較され、筋の良かった、お兄さんの方が、熱心に指導を受けていて、あまり指導を受けなかった、松岡修造さんとは、対照的な存在だったそうです。
 
 
勉学面においても、お兄さんは優秀な一方、松岡修造さんは、落第すれすれだったそうです。
 
 
ところが、中学生になると、お兄さんは勉学に励み、松岡修造さんは、テニスを頑張ったそうです。
 
 
その結果、松岡修造さんは、中学2年生の時に、全国中学生テニス選手権大会で、優勝を手にされました。
 
 
その後、テニス一直線かと思いきや、中学3年生の時に覚えた、麻雀にのめり込む日々が続き、高校へ進学しても、変わらない日々が、続いていたそうです。
 
 
ある日、いつものように麻雀をしている時に、ふと自分自身の将来像を考えて、自分が好きなのはテニスだった事を、思い出しました。
 
 
思ったらすぐ行動する、松岡修造さんは、自分自身を鍛え直すために、テニスの名門校への、転校を決意されました。
 
 
当然の事ながら、両親や先生には大反対されるも、意志は変わらず、大学への進学を条件に、転校されました。
 
 
転校したテニスの名門校は、現在では考えられない位のスパルタで、叱られる時は、ラケットで叩かれたそうです。
 
 
そんな、スパルタ教育が、松岡修造さんの目標意識と一致して、周りの仲間は怖い先生なのに、松岡修造さんにとっては、毎日が楽しかったそうです。
 
 
転校2か月後に、国内ジュニア大会へ出場した、松岡修造さんは、当時の全日本ジュニアランク1位の、太田茂さんを破り、優勝されました。
 
 
その後、インターハイでは、チームの期待に応え、シングルス・ダブルス・団体戦の全てを制しました。
 
 
三冠達成に貢献して、初めて仲間たちと本当の喜びを分かち合ったそうです。
 
 
ある日、元テニス選手の飯田藍さんから、「世界的名コーチの、ボブ・ブレッドさんが来日するから、練習を見てもらわないか?」と声を掛けられたそうです。
 
 
そして、後日ボブ・ブレッドさんが、練習を見に訪れ、松岡修造さんと、30分程打ち合いしたそうです。
 
 
その後、ボブ・ブレッドさんと握手をかわし、「明日、アメリカへ帰る、サヨナラ」と言われ、帰ってしまったそうです。
 
 
何か、アドバイスなどをしてくれると期待していた、松岡修造さんは、拍子抜けしてしまったそうです。
 
 
そんな思いで、迎えた翌日に、報道カメラマンを通して、伝言があったそうです。
 
 
「明日にでも、アメリカに来い、日本に居ると強くなれないぞ」という内容だったそうです。
 
 
ボブ・ブレッドさんは、空港まで送ってくれた、報道カメラマンに、伝言していたそうです。
 
 
思ったらすぐ行動する、松岡修造さんは、アメリカ行きを決意し、両親に伝えました。
 
 
反対されると思っていたお父さんは、「好きにやれ!」と後押ししてくれたそうです。
 
 
しかし、お母さんは、せめて大学を出てからと、説得するも、松岡修造さんの考えは、変わりませんでした。
 
 
アメリカでハイスクールに通って、大学へ進学という事で、お母さんを説得し、認めてもらったそうです。
 
 

スポンサーリンク



 
 

アメリカでの生活開始

 
松岡修造さんは、単身でアメリカへ渡り、名門テニスクラブで、練習するようになり、充実したテニス生活を、送る事が出来ました。
 
 
その一方で、ハイスクールで、英語での授業が、理解できずに苦しみました。
 
 
そこで松岡修造さんは、自分の周りから日本語を無くして、ノートや日記を、英語にして過ごす事により、環境になれる事にしました。
 
 
そうすると、数か月後には、英語でコミュニケーションを、普通に取れるようになったそうです。
 
 
その努力の甲斐があり、翌年5月には、ハイスクールを卒業されました。
 
 
その後、大学へ進学しようとした矢先に、ボブ・ブレッドさんより、「腕試しにプロの試合に出てはどうか」と提案されたそうです。
 
 
松岡修造さんは、自分の腕はプロにはかなわないと思って、渋っていたところ、ボブ・ブレッドさんから言われたそうです。
 
 
「つまらない恐怖心を捨てろ!人間には思いもよらない能力がある。5年頑張れば、世界100位内に、入る力がお前にはある」
 
 
そう叱咤激励された松岡修造さんは、自分の実力を試したい思いもあったので、提案に乗って、プロ大会への出場を、決意されました。
 
 
サテライト・トーナメントに出場された、松岡修造さんは、予想に反して勝ち進み、好成績を納めました。
 
 
この結果、ボブ・ブレッドさんより、大学よりもプロへの道を進められて、今度ばかりは、ちょっと考えたそうです。
 
 
しかし、大学へ行ってプロになるなら、今なるのも同じ事と、松岡修造さんの決心は、固まったそうです。
 
 
ここで、当然反対されると思った、松岡修造さんは、「2年やって駄目なら大学へ行く」と、両親へ連絡を取ったそうです。
 
 
お父さんは意外にも、あっさり認めてもらったものの、お母さんには「約束が違う」と反対されますが、松岡修造さんの必死の説得により、最後には承諾してもらえたそうです。
 
 

アメリカでのプロ生活

 
1986年より開始したプロ活動は、お父さんより、プロなら一切金の援助は無し、と言われていたので、金銭面での苦労が、絶えなかったそうです。
 
 
幸いなことに、活動するにあたって、1ヶ月程でマネージメント会社と契約を結べて、年間300万円の活動資金を得る事になりました。
 
 
それでも、移動の航空費や宿泊費などで、かなりお金を切り詰めた選手活動になり、時には食事さえ満足に、取れなかったそうです。
 
 
松岡修造さんは、最初は孤独なルーキーで、練習相手にも、困る状況だったそうですが、1人で練習している選手に、必死に練習を、頼み込み続けたそうです。
 
 
練習相手が見つかった時には、松岡修造さんは次につながるように、普段以上の力を振り絞って、練習したそうです。
 
 
そうしているうちに、松岡修造さんと打ち合うと、良い練習になると評判になり、練習相手に困る事が、無くなったそうです。
 
 
1988年には、ボブ・ブレッドさんの見込み通り、世界ランク100位入りを5年ではなく、3年で果たしました。
 
 
その後、怪我との戦いもありながら、活躍されていましたが、1998年に結婚されて、現役を引退されました。
 
 

松岡修造さんの、結婚する人への、驚きの名言とは!?

 
松岡修造さんの、結婚する人への驚きの名言は、色々とあります。
 
 
「人もテニスもラブから始まる」
 
 
「人の弱点を見つける天才より、人を褒める天才がいい」
 
 
「褒め言葉よりも、苦言に感謝」
 
 
などなど、驚きの名言は数多くあります。
 
 
視点が大事なんですよね。
 
 

CM起用本数が、多い人気の秘密とは!?

 
松岡修造さんの、CM起用本数が、非常に多いですよね。
 
 
その秘密は、松岡修造さんの謙虚で、礼儀正しいところに、人気があるようです。
 
 
CM撮影はスポンサーが、OKを出すまで何度も、取り直しますが、松岡修造さんは、いやな顔も一切せず、謙虚に応じているそうです。
 
 
スポンサーのプロモーションイベントにも、積極的に参加してくれるので、制作スタッフ・スポンサー共に、非常に受けが良いそうです。
 
 
松岡修造さんの、人柄に惚れてしまうのが、リピート率の高さなんですよね~。
 
 
爽やかで、全然嫌な感じを見せない、素晴らしい人柄だと思います。
 
 
これからも、色々なところで、活躍される事を、期待しています。
 
 

スポンサーリンク



関連記事

  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • はてなブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*