*

高畑充希来春朝ドラ会見はおやじキャラが決め手!?歌はコブクロも認める実力派!?


   

高畑充希さんと言えば、ドラマ・映画・音楽・CMなどで多方面で活躍されています。
 
 
来春の朝ドラ会見では、おやじキャラが決め手だったとの事で調査しました。
 
 
また、歌はコブクロも認める実力派との事なので調査しました。
 
 

スポンサーリンク



 
 

プロフィール

 
takahatamitsuki

prcm.jpより引用

 
 
芸名 高畑充希たかはたみつきさん、本名 同じ
 
 
生年月日 1991年12月14日(現在25歳)
 
 
出身地 大阪府
 
 
血液型 AB型
 
 
身長 158cm
 
 
趣味 読書、食べる事、舞台観劇
 
 
所属事務所 ホリプロ

 
 

家族構成

 
両親・祖父母・高畑充希さんの5人家族で、1人っ子だそうです。
 
 
両親が演劇好きで、よく一緒に連れられて、演劇を観ていたそうです。
 
 
そんな中、小学生の頃に両親に連れられて、観劇されたミュージカル、「ピーターパン」や「オペラ座の怪人」などが、印象に残ったそうです。
 
 
迫力ある演技が、目の前で繰り広げられて、すっかりとその世界に、夢中になったそうです。
 
 
そして、いつか私も、あの世界で演じたい思いが、舞台役者を目指すように、なりました。
 
 
高畑充希さんは、その夢に向かって、動き始めました。
 
 
まだ、その頃は小学生だったんですが、芸能事務所のオーディションに、片っ端から応募しはじめて、全てに落選されたそうです。
 
 
すると、今度は舞台オーディションに、片っ端から応募しはじめ、こちらも見事に全て落選されたそうです。
 
 
オーディションに受からなかった、高畑充希さんは、早稲田大学の演劇研究会に入るのを、目指す事にしたそうです。
 
 
そして、小学校低学年の頃から、塾へ通い、猛勉強されて、中高一貫の四天王寺中学校へ、進学されました。
 
 

デビューのきっかけ

 
2005年の中学在学中に、ホリプロが創業45年を記念して主催する、「山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック part2 ~屋上の天使~」の出演者オーディションで、9,621人の応募者の中から、見事に主演の座を獲得され、シンデレラガールとして、女優デビューを果たされました。
 
 
2007年に、上京して八雲学園高等学校へ、進学するとともに、本格的に女優活動を開始されました。
 
 

スポンサーリンク



 
 

女優・歌手(みつき)として活動開始

 
2007年より、6年間に渡って、「ピーターパン」で、8代目ピーターパン役を、務めたそうです。
 
 
ドラマ「3年B組金八先生 第8シリーズ」にも、出演されました。
 
 
そんな時に、高畑充希さんが歌うデモテープを聴いた、コブクロの小渕健太郎さんが、その歌声に惚れ込み、プロデュースを名乗り上げたそうです。
 
 
高畑充希さんのその歌声は、コブクロも認める、実力派だったようです。
 
 
映画「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」で、ヒロイン役が決まり、劇中では、デビュー曲を歌うことが、決まったそうです。
 
 
高畑充希さんのデビュー曲、「大切なもの」は、コブクロの小渕健太郎さんが、プロデュースされました。
 
 
コブクロの大ファンの高畑充希さんは、最初にプロデュースの話を聞いた時は、嘘じゃないかと思ったそうです。
 
 
そして、コブクロの小渕健太郎さんは、「大切なもの」の曲中に、コーラスとして、参加されています。
 
 
高畑充希さんは自身も、上京されて、こんなに活躍できるとは、思っていなかったそうです。
 
 
想像以上に活動に時間が取られ、学業と両立するのが、大変だったそうです。
 
 
舞台では「奇跡の人」、「美男ですね」、「コーヒープリンス1号店」など、次々と主演が決まりました。
 
 
映画では「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」、「Lost Harmony」、「女子ーズ」など、次々と出演が決まりました。
 
 
ドラマでは「ナツコイ」、「Q10」、「ごちそうさん」など、次々と出演が決まりました。
 
 
音楽では、シングル「瞳ひらいて」、「夏のモンタージュ」、アルバム「COLOR」を出しました。
 
 
それ以降も舞台・映画・ドラマ・音楽番組などで活躍されています。
 
 

高畑充希さん2016年春の朝ドラ会見は、おやじキャラが決め手!?

 
2016年4月4日にスタートした、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のヒロイン役で、活躍されています。
 
 
ドラマで、求められているヒロイン像が、「激動の戦後に、亡き父に代わって、母と妹を支えて、生き抜いたおやじのようなヒロイン」と聞かれたそうです。
 
 
そして、高畑充希さんが何かを感じたのか、オーディションに参加されました。
 
 
そして、応募総数2,564人の中から、見事に勝ち抜きました。
 
 
高畑充希さん自身は、どこが「おやじキャラ」なのか理解していないそうですが、普段からまわりのひとに「おやじくさい」と言われていたそうです。
 
 
挙げ句の果てに、親にまで「役作り必要なし!」と言われる始末だそうです。
 
 
会見では、好きな食べ物を聞かれて、「日本酒にお刺身!」と答えて、「やっぱり!」と笑いを誘っていたそうです。(立派なおやじです)
 
 
これからも、どんどん活躍して、素敵な姿を見せて下さい。
 
 

スポンサーリンク



関連記事

こちらも読まれています

  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • はてなブックマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*