*

成宮寛貴がバイでカミングアウト告白!?仕事で弟を支える感動的すぎる兄弟愛とは!?


   

成宮寛貴さんといえば、ドラマ・映画・舞台・CMなど、多方面で活躍されています。
 
 
そんな成宮寛貴さんが、バイでカミングアウト告白したと噂になっていますので、調査してみました。
 
 
また、仕事で弟を支える、感動的すぎる兄弟愛についても、調査してみました。
 
 

スポンサーリンク



 
 

プロフィール

 
narimiyahiroki

prjm.jpより引用

 
 
芸名 成宮寛貴なりみやひろきさん、本名 平宮博重なりみやひろしげさん
 
 
生年月日 1982年9月14日(現在35歳)
今月は誕生月ですね!
おめでとうございます!!

 
 
出身地 東京都
 
 
血液型 A型
 
 
身長 172cm
 
 
趣味 音楽鑑賞、料理、読書
 
 
所属事務所 トップコート

 
 

家族構成は・・

 
成宮寛貴さんが幼い頃に、両親が離婚されてから、6歳年下の弟と3人で暮らしていたそうですが、中学生の時に、お母さんが亡くなっており、年金暮らしのおばあちゃんと、弟の3人で育ったそうです。
 
 

芸能界入りのきっかけは

 
成宮寛貴さんが、どうすれば安定して弟を支える事ができるのか、考えられたそうです。
 
 
その結果、俳優のオーディションに合格されたのが、きっかけだそうです。
 
 

芸能活動

 
2000年に、本名で活動を開始し、宮本亜門さん演出の舞台、「滅びかけた人類、その愛の本質とは…」のケイン役で出演されました。
 
 
2001年には、「溺れる魚」で映画デビューされました。
 
 
この頃には、本名から芸名に変わっているので、「平」と書いて「なる」と読むのが一般的ではないので、芸名を名乗るようになったそうです。
 
 
2002年には、「ごくせん」でのドラマデビューされて、ブレイクしました。
 
 
2003年には、ドラマ「高校教師」、映画「あずみ」に出演されました。
 
 
以降は、ドラマ・映画・CMなどで、活躍を続けて家計を支え続けたそうです。
 
 

成宮寛貴さんがバイで、カミングアウトを告白

 
成宮寛貴さんがある番組で自分はバイで、カミングアウトした事を告白されていました。
 
 
でも、それには理由がありました。
 
 
中学時代にお母さんを亡くされて、その暮らしは大変貧しい状況になってしまいました。
 
 
成宮寛貴さんは、中学校を卒業後、進学をあきらめて、土木関係や引っ越しのアルバイトで、生活費を稼いでいたそうです。
 
 
友人らが高校へ進学しているのを見て「なんでこんな目に・・・」という思いと葛藤する日々が続いていました。
 
 
そんなある日、とうとう我慢の限界がきてしまい、成宮寛貴さんは家を飛び出してしまったそうです。
 
 
しかし、家を飛び出したものの、すぐにお金は底をついてしまい、途方に暮れていたそうです。
 
 
そんなところ、たまたま見つけた、住み込み求人の広告で、新宿二丁目で働くことを、決意されました。
 
 
働きだしてから、そこそこの収入を得られて、生活が安定すると、ふと家族の事が気になり、一旦家に戻られたそうです。
 
 
すると、当時はまだ小学生だった弟さんは、自分が兄に捨てられたと思い込んでいて、毎日泣いて暮らしていたそうです。
 
 
その状況を見た、成宮寛貴さんは、自分の行いを反省して、これからは俺がおばあちゃんと弟を支えると、決心を固めたそうです。
 
 
そして、考えを改めた成宮寛貴さんは、弟の為に毎朝お弁当を作って、働きに出ていたそうです。
 
 
この頃に新宿二丁目で働いていた事が、成宮寛貴さんがゲ〇でカミングアウトしていると、うわさになっていたようです。
 
 
でもそうして、働いた甲斐あって、弟さんは無事に大学を卒業されて、就職も決まり、現在は結婚されているそうです。
 
 

スポンサーリンク



 
 

成宮寛貴さんの彼女は

 
一般人の彼女と付き合っているうわさがあります。
 
 
ディズニーシーで、デートしていた目撃情報が流れており、目撃されても隠れもせずに、堂々とされていたそうです。
 
 
お相手の方が一般人女性の方となると、情報が少なくなりますが、目撃情報によると、お嬢様風のお金持ちの方に見えたそうです。
 
 
また、韓国での目撃情報もある事からか、在日韓国人の方といううわさもあります。
 
 
いずれにしても、目撃情報の話では、堂々とされていたそうなので、進展があれば、正式に報告があると思います。
 
 
そういう状況なので、報告があるまでは暖かく、見守る事にしましょう。
 
 

仕事で弟を支える、感動的すぎる兄弟愛とは

 
成宮寛貴さんが、新宿二丁目で働いていたのは、生活費だけの理由ではなく、弟さんを進学させるための仕事でもあったそうです。
 
 
もともと弟さんは、偏差値の低い大学への進学を、決めていたそうです。
 
 
その事を知った成宮寛貴さんは、その大学では将来苦労すると思ったそうです。
 
 
成宮寛貴さんの中学時代には、ほとんど学校へ行けなかったために、中卒となってしまいました。
 
 
その後、社会へ出てから、学歴社会の事で苦労されたので、弟さんには、同じ思いをして欲しくなかったのだと思います。
 
 
成宮寛貴さんは弟さんに、もっと上の大学を目指すように、お話しされたそうです。
 
 
その言葉を受けた弟さんは、一浪して勉強されて、理科大学への進学を決められました。
 
 
後に弟さんが、兄への感謝の気持ちを手紙にされて、テレビでも放送されましたので、ご存知の方が、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
 
 
兄は一生懸命に弟さんを支え、弟さんもお兄さんの思いを知り、一生懸命に頑張って、それにこたえた・・。
 
 
この兄弟だったからこそ、お互いに頑張れたのだと思います。
 
 
今の時代、共稼ぎでも厳しい家庭がある中、成宮寛貴さん一人で、弟さんを大学へ進学させるなんて、本当に感動的な、兄弟愛ですよね。
 
 
若い時から苦労されているので、なんとしても幸せになって欲しいと思います。
 
 

スポンサーリンク


こちらも読まれています

  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • はてなブックマーク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*