*

深田恭子が舞台で大評判の理由とは!?顔が劣化し激変と話題なので比較してみた


   

深田恭子さんと言えば、ドラマ・映画・CMなどで活躍されていますが、舞台に初挑戦した結果、大評判との事なので、調査しました。
 
 
また、顔が激変して劣化したとの、うわさもありますので、こちらについても、調査しました。
 
 

スポンサーリンク



 
 

プロフィール

 
fukakyon

youtubeより引用

 
 
芸名 深田恭子ふかだきょうこさん、本名 同じ
 
 
生年月日 1982年11月2日(現在34歳)
 
 
出身地 東京都
 
 
血液型 O型
 
 
身長 163cm
 
 
趣味 サーフィン
 
 
所属事務所 ホリプロ

 
 

家族構成

 
両親と深田恭子さん、6歳年下の妹さんの、4人家族だそうです。
 
 
家族は、年の離れた妹さんを、溺愛されていたそうです。
 
 
深田恭子さんは、2歳の頃から水泳を習い始め、4歳からピアノを習い始めたそうです。
 
 
特に水泳はについては、オリンピックを目指していたそうですが、本人にはその気がなく、単に周りが騒いでいただけ、という事が判明しています。
 
 
ピアノについては、絶対音感(ある音を聞いた時に、その音の高さを聞き分けて、ドレミの音階を理解する能力です)持っているそうで、番組のバンドでピアノを、披露したこともあるそうです。
 
 

デビューのきっかけ

 
1996年の中学2年生の時に、第21回ホリプロタレントスカウトキャラバンで、「PURE GIRLオーディション」のグランプリを受賞して、芸能界入りしました。
 
 
1997年に、ドラマ「FiVE」にレギュラー出演されて、女優デビューしました。
 
 
1998年に、ドラマ「神様、もう少しだけ」で、ヒロイン役で出演されました。
 
 
1999年に、ドラマ「鬼の棲家」で、初主演されました。
 
 
この年はCDシングル「最後の果実」で歌手デビューもされました。
 
 
2000年に、映画「死者の学園祭」で初主演されました。
 
 
その後も、主にドラマ・映画・CMなどで活躍されています。
 
 

スポンサーリンク



 
 

深田恭子さんは加藤あいさんと同級生

 
深田恭子さんは、加藤あいさんと同級生で、2人とも堀越高校の出身なので、2人はとても仲が、良かったそうです。
 
 
しかし、些細な事がきっかけで、殴り合いのケンカに発展してしまい、その結果、加藤あいさんが、勝利されたそうです。
 
 
その出来事から、二人はとても仲が、悪くなったそうです。
 
 
芸能界に入ってからも、その仲の悪さは変わらずに、共演する事も、少なかったそうです。
 
 
後に共演する事もありましたが、そこはプロ根性で演じきられたようです。
 
 

深田恭子さんが舞台で大評判の理由とは

 
ミュージカル「100万回生きたねこ」で、キュートな白ねこの役をしていた、深田恭子さんです。
 
 

100neko

youtubeより引用

 
 
ストーリー
 
 
100万回生まれかわっては、飼い主のもとで、死んでゆくねこ。
 
 
飼い主たちは、ねこの死をひどく悲しんだが、ねこ自身は死ぬのなんか平気だった。
 
 
ある時、ねこは誰のねこでもない野良ねことなり、一匹の白いねこに恋をする・・・。
 
 
実際に観られた方の感想は、結構感情感情移入してしまい、深田恭子さんがカーテンコールで、感極まって泣いている姿をみて、もらい泣きする人が続出したようです。
 
 

顔が劣化し激変と話題なので比較してみた

 

まずは、画像をご覧ください

 
 
fukakyon2007
2007年当時

 
fukakyon2015
2015年

 
 
変わってはいますが、そこまで言うほどの劣化とか、激変までのレベルでは、無いように思います。
 
 
少しやせて、幼い感じが消えて、髪型を変えて、年相応になったのではないでしょうか。
 
 
では、なぜそのような事が、いわれるのかとい言うと、深田恭子さんはどちらかというと、太りやすい体質のようです。
 
 
それで日ごろから、太る⇔痩せるを繰り返しているので、その変わったタイミングで、「違和感」を感じているのでは、ないでしょうか。
 
 
今の状態で十分女優として、まったく問題ないレベルだと、思いますので、これからも活躍を続られる事を、期待しています。

 
 
スポンサーリンク


関連記事はこちらからどうぞ

  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • はてなブックマーク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*