*

松たか子の旦那は実はバツイチだった!?木村拓哉とお似合いと言われる意外な理由とは!?


   

松たか子さんといえば、ドラマ・映画・舞台・CMなどで活躍されています。
 
 
そんな、松たか子さんの旦那さんは実はバツイチだったといううわさについて、調査しました。
 
 
また、木村拓哉さんとお似合いと言われる理由についても、調査してみました。
 
 

スポンサーリンク



 
 

プロフィール

 
matsutakako

youtubeより引用

 
 
芸名 松たか子まつたかこさん、本名 佐橋隆子さはしたかこさん
 
 
生年月日 1977年6月10日(現在40歳)
今月は誕生月ですね!
おめでとうございます!!

 
 
出身地 東京都
 
 
血液型 A型
 
 
身長 165cm
 
 
趣味 ストレッチ
 
 
所属事務所 2011年より、個人事務所を設立されて独立

 
 

芸能界入りのきっかけは

 
歌舞伎役者の子供として生まれたのもあり、1993年に歌舞伎座の「人情噺文七元結」で初舞台を踏みました。
 
 
以降はドラマ・舞台でキャリアを重ね、1996年にはドラマ「ロングバケーション」で木村拓哉さんと共演し、大ヒットとなりました。
 
 

家族構成

 
お父さんは、歌舞伎俳優の九代目松本幸四郎さん
 
 
お母さんは、実業家の藤間紀子さん(株式会社松本幸四郎事務所社長)
 
 
お姉さんは、女優の松本紀保さん
 
 
お兄さんは、歌舞伎俳優の七代目市川染五郎さん
 
 
凄いですね~、完全に芸能一家です。
 
 

松たか子さんの旦那は実はバツイチだった

 
松たか子さんの夫である、佐橋佳幸さん(現在55歳)は中学生の頃からバンド活動を開始されて、現在もミュージシャンで活躍されています。
 
 
過去には楽曲提供で、松たか子さん・渡辺美里さん・藤井フミヤさん・氷室京介さん・小田和正さん・小泉今日子さん他、多数の方に提供されています。
 
 
そんな佐橋佳幸さんに離婚歴がありました。
 
 
1998年に一般女性の方と離婚されています。
 
 
お相手は一般の方なので、残念ながら、これ以上の詳しい情報はありません。
 
 

スポンサーリンク



 
 

松たか子さんが結婚したきっかけは

 
最初の出会いは、2001年に歌手活動をされていた、松たか子さんの全国ツアーで、佐橋佳幸さんがバンドマスターとして、サポートされていたそうです。
 
 
その後もサポートは続き、2004年に交際が明らかになり、3年後の2007年には入籍されました。
 
 
しかし、松たか子さんのお父さんは、16歳も年の差があり、バツイチでもある佐橋佳幸さんとの結婚には、賛成されていなかったようです。
 
 
しかし、2015年に松たか子さんの妊娠発表があり、その後無事に長女を出産したこともあって、徐々に不仲な関係は、解消されていったそうです。
 
 

木村拓哉さんとお似合いと言われる意外な理由とは

 
1996年にドラマ「ロングバケーション」で共演以降、木村拓哉さんとの共演が続きます。
 
 
1997年にはドラマ「ラブジェネレーション」で、木村拓哉さんと共演されました。
 
 
2001年にはドラマ「HERO」で、木村拓哉さんと共演されました。
 
 
2007年には映画「HERO」で、木村拓哉さんと共演されました。
 
 
2015年には映画「HERO」2作目で、木村拓哉さんと共演されました。
 
 
ドラマ「HERO」のシーズン2では、共演しなかったので、不仲説などがうわさになりました。
 
 
でも、映画の2作目では、再び共演されましたので、そういう事ではなさそうです。
 
 
また、木村拓哉さんは2000年11月に、結婚を発表しました。
 
 
お相手は工藤静香さんで、発表時には妊娠4ヶ月になっており、出来ちゃった結婚でした。
 
 
その発表後に放映された、「HERO」では微妙な男女の関係を2人が演じられていて、お似合いなのではと噂されていました。
 
 
「HERO」で共演されていた際には、松たか子さんが木村拓哉さんのために、手作り弁当を作ってきていたという、気合の入りっぷりがあって、話題になったのではないでしょうか。
 
 

久しぶりに歌った、「アナと雪の女王」

 
2014年に公開された、「アナと雪の女王」では、主演のエルサ役を担当され、日本語吹替と歌唱を務められました。
 
 
大人気となったこの映画の中で、松たか子さんがエルサ役で歌われている、「レット・イット・ゴー~ありのままで~」も大ヒットとなり、その再生回数は、1.1億回を突破しています!!
 
 
本当に良い曲ですよね~、何回もリピートしてしまいますので、再生回数が多いのも納得です。
 
 

大人気だったのに歌わなかった紅白

 
これだけ人気が出た曲なので、2014年紅白の目玉として松たか子さんに、オファーがあったようです。
 
 
でも、MAY J.さんの出演が、公表されたタイミングを見て、松たか子さんはお断りされたそうです。(松たか子さんが出ないから、MAY J.さんが出たと言われないように、MAY J.さんに配慮して、このタイミングにされたそうです)
 
 
理由は、エンドソングが本家で、松たか子さんは声優として歌っただけ、という事のようです。
 
 
実はアナと雪の女王で歌われている、「レット・イット・ゴー~ありのままで~」の国内盤には、2種類のバージョンがあり、1つは松たか子さんがエルザ役で、劇中に歌っているバージョン。
 
 
そして、もう1つのバージョンは、May J.さんがエンドソングで歌っているバージョンです。
 
 
そういう経緯で、May J.さんが紅白で歌うことになりましたが、アナ雪を見た人は劇中で歌っているバージョンを、支持する方が非常に多かったようです。
 
 
その事で、もう一つのバージョンを歌っている、May J.さんがバッシングを受けることとなり、かなりショックを受けていたようです。
 
 
・・・
 
 
実は松たか子さんが出演を断っていたのには、もう1つ理由があったようです。
 
 
この曲を歌う時には、かなり感情を込めているので、その感情が表情にも出てしまい、人前で歌うシーンを公開するなんて、とてもできないそうです。
 
 
本業は女優さんなので、これは仕方のないことですね。
 
 
声優での出演だったからこそ、これだけ感情を込めて、歌う事が出来たようです。
 
 
これからも色々な方面で、元気に活躍される事を、期待しています。
 
 
「HERO」で共演された木村拓哉さんの記事はこちらからどうぞ。
 
 

スポンサーリンク


関連記事はこちらからどうぞ

  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • はてなブックマーク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*